月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

三因制宜(さんいんせいぎ) その4 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2017.07.19 三因制宜(さんいんせいぎ) その4

ここまでの話。

三因制宜その1

三因制宜その2

三因制宜その3

 

今回は”因人制宜(いんじんせいぎ)”について。

因人ですから、治療を行うのに”人”を大事にしているということ。

少しわかりにくいと思うので、補足します。

例えば、西洋医学では腰痛と診断されたら痛み止めや湿布。

風邪だと抗生物質や咳止め。

このように症状や病名に対して対処法(薬)が決まっていますよね。

ですが、東洋医学では異なります。

「どんな人が腰痛・風邪になったのか。」

これが大切になります。

老人の腰痛と青年の腰痛。

小児の風邪と妊婦の風邪。

老人は体力がないし、小児は病の発展も活発で早い。

このように、”どんな人が”かがとても大切になるわけです。

それによって鍼灸で治療する経穴(ツボ)や注意するところが異なってくるわけです。

鍼灸治療では”時・地・人”の三因を考慮して治療をしていることが少しわかったと思います。

これを理解し、意識しておこなった時に「オーダーメイドの治療」になるわけです。

三因制宜については終わり。

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。