月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

冷たい物食べ過ぎて、夏疲れ。 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2017.08.30 冷たい物食べ過ぎて、夏疲れ。

今日は8月30日。

8月が終わると夏が終わったような気分になりますよね。

 

この時期に体調を崩す方で多いのは、

 

1)熱帯夜で睡眠の質が悪く、睡眠が足りてない

2)急に涼しい夜になり、身体が温度調整できず風邪をひく

3)冷たい物を飲み食いし、胃腸が疲れている。

 

これらが多いように感じます。

1)2)は自覚症状がでるので、気が付きます。

ですが、3)は直接的な自覚症状が少なく、何でかわらなない不調を抱えていることが多いです。

 

夏に暑くて冷たい飲み物や冷たい食べ物を食べてしまう。

他に、夏が旬の食べ物は身体を冷やす性質の物が多く、それらをついつい食べ過ぎてします。

トマト、きゅうり、スイカ、マンゴーやパイナップルなどもこれに当たります。

これらが過ぎると、胃腸が冷えすぎてしまい消化吸収する機能が落ちてくる。

そうなると、東洋医学・鍼灸医学では”湿邪”というものが生成されてしまいます。

 

この”湿邪”が身体に溜まっていると、浮腫みやダルさ、食欲低下や下痢などの症状が起きます。

他に、鼻水や痰がでたり、胃腸の疲れから口内炎などもできてしまったりします。

他にもありますが、”湿邪”が溜まると、全身に様々な症状がでてしまうのが特徴ともいえます。

 

心当たりがある人は、冷たいものを控え、運動をして汗をかくことをおススメします。

小さな不調は大きな病気の前段階。

今から体調管理をしておきましょう。

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。