月晶院 げっしょういん

スマートフォンメニュー

水無月 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.06.01 水無月

今日から6月。

和風名月では水無月(みなつき)。

 

由来は田んぼに水を入れる。

稲のために水を使うから”水無月”というそうです。

 

往診に伺っている患者さんに聞いたお話ですが、お米の稲は水をよく吸うようです。

患者さんの話では、2リットルのペットボトルで1株稲を栽培。

暑い時期には、一日に水を3度あげないと土がカラカラになったそうです。

 

お茶碗一杯には1株分の稲が入っています。

その1株の稲は一生の間に20キロの水が必要とされています。

今ほど効率的に水を引くことができなかった時代。

さぞ苦労したでしょう。

 

そんなわけで”水無月”季節を感じさせますね。

 

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。