月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

土用の丑の日 なんでウナギを食べるの? 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.07.18 土用の丑の日 なんでウナギを食べるの?

ここまでの話。

土用の丑の日

土用の丑の日 土用ってなんだ?

土用の丑の日 丑の日ってなんだ?

 

今回は土用の丑の日になぜウナギを食べるのかをご紹介。

1番有名で有力な説は、”平賀源内(ひらがげんない)”が発案した説です。

 

(色白イケメンの平賀先生)

 

平賀源内先生のお話をすると、長いので簡単にご紹介します。

絵に書いたような多才な方で、肩書が発明家、蘭学者、医者、本草学者…etc、多岐にわたります。

”エレキテル”という蓄電器を復元したことはあまりにも有名な話です。

 

この先生にウナギ屋の亭主が売り上げが落ちていることを相談。

その対策として、「本日丑の日」の貼紙をすることを提案したそうです。

この時代は丑の日に”う”から始まるものを食べると、夏負けしないと言われていました。

そこに目を付けての貼紙の提案だったそうです。

これはまさに”現代のCM”なんていわれたりしています(笑)

 

なぜ、夏の土用の丑の日限定なのか?となりますが、これも先ほどの話と関係があるそうです。

ウナギの旬は冬で、旬の時期をずれたウナギが売れずに困っていたから…と言われています。

(そんな簡単な理由でウナギを提案していないと思いますが、その話はまた今度)

 

夏の土用の丑の日にウナギを食べる風習を作った平賀源内先生。

ブーム(流行)に終わらず、風習にしてしまったのには脱帽です。

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。