月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

大豆の話 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2014.11.23 大豆の話

大豆のお話。

 

今が旬の大豆。

大豆はタンパク質の含有量が多く、

アミノ酸の組み合わせが動物性タンパクに似ているから、

「畑の肉」と呼ばれています。

さらに、カリウムが多く含まれていて利尿作用も。

 

また、東洋思想の中で「医食同源」(いしょくどうげん)

という考え方があり、食事が医療の始まりと考えていました。

この考え方から、漢方が始まったといわれています。

 

身体の不調を食事で解決しようとする中で、

弱った内臓を他の動物の内臓で補えると考えました。

 

そこで、今日の主役の大豆。

大豆は腎臓の形に似ているので、「腎」に良いといわれています。

また、黒大豆の「黒」は東洋医学では「腎」と関係が深く、

この「腎」は排尿とも関係が深い!

 

カリウムを知らない昔の人も、大豆の利尿作用に気が付いていた!

 

今も昔も構造はは同じ。見方が違うだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。