月晶院 げっしょういん

スマートフォンメニュー

医療現場の学習性無力感 千葉県柏市 伝統鍼灸 月晶院
月火木金日 10:00 - 14:00 |15:00 - 20:00(日曜日は13:00まで)

2017.05.01 医療現場の学習性無力感

少し前の話ですが、電通の社員が過労、長時間労働により自殺をしました。

このような事件があると聞かれる意見に…

 

『自殺するぐらいなら辞めればいいのに』

 

そう考える人は多いと思います。

自殺をするぐらいなら辞める。

判断力がなくなって、選択できない状況になっていたと考えられます。

このような状態を心理学の概念で『学習性無力感』と言います。

 

長期間、その状況が続くと逃げ出す努力すら行わなくなる現象です。

私はこの話を聞いた時に、医療現場でも起きていると思いました。

 

ある病気・症状に悩む。

そして、様々な病院に行き・色々な薬を飲む。

最初は沢山の抵抗をしているけど、それが報われない、何も変わらない。

そうなってしまった時にどこか諦めてしまう。

この薬を飲んで、何となくごまかしながら生活をする。

選択をする気力を失った…学習性無力と言えると思います。

 

そんな人にこそ、東洋医学・鍼灸医学を試してほしい。

無力になってしまう一歩前の人にこそ、意味がある。

西洋医学一辺倒の日本に、希望を失ってしまいそうな人。

 

そんな人こそ、何か変わるかもしれない。

難病・リウマチ・つわり・アトピー…etc

鍼灸は何か力になれるかもしれません。

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。