月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

恥ずかしさの向こう側 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.10.10 恥ずかしさの向こう側

最近、「恥ずかしさの向こう側に熱意(成果)がある」と思うようになりました。

でも、当人には”恥ずかしさ”っといった自覚がないことが多いとも思います。

 

私が鍼灸の専門学校を卒業目前の時、当時勤めていた整骨院の経営者に言われました。

「卒業後、柔道整復師(整骨院をするための資格)の専門学校に行きなさい」

が、私は断りこう答えました。

「鍼灸を勉強して独立、開業します」

すると経営者は少し笑いながら、

「大変ですよ。相当努力しないとダメですよ」

 

今思えは、経営者は

「世間知らずの若僧が恥ずかしいことを…」

と思ったのかもしれません。

 

多くのプロスポーツ選手は小さいころからその競技ばかりしています。

そして「プロになる‼」と思い練習をしています。

周りの人たちの多くは、「無理だよ。そんな夢、恥ずかしい…」

と思っているのではないかと思います。

 

これは”鍼灸で病気を治す”と思って治療に通っている人にも当てはまるかもしれません。

周りの人には、「無理だ、恥ずかしい」と思われているかもしれません。

いや、言われた人もいるでしょう。

でも、そんな周りの人を跳ね飛ばす可能性か鍼灸にはあります。

 

今何かと向き合い、懸命に取り組んでいる。

そんな時、「恥ずかしい、無謀だ」と感じるかもしれません。

ですかその”恥ずかしさの向こう側”にはきっと何か答えがあります。

「恥ずかしい…」そこで引き返しては何も得られない。

私はそう思います。

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。