月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

月と身体の関係 その1 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.07.26 月と身体の関係 その1

人の身体は自然界の影響を受けています。

西洋医学はあまり重要視していないようですが、東洋医学、鍼灸医学は違います。

自然界の影響といっても、抽象的でわかりにくいので今回は月との影響についてお話します。

 

ご紹介するのは”東京書籍・月の魔力”から引用です。

 

”精神科医アラン・コット博士はこういっている。

「私の勤めている病院では、私をはじめ職員が皆、患者の突然のおかしな

 行動は月が引き起こしたとしか説明できない、と思っています。

 満月時には電話の声まで荒っぽくなる傾向にあるんです。」”

科学的説明は出来ないようですが、 現場の医師の意見。

狼男の話があるぐらいですから、昔の人は経験的にわかっていたのかもしれません。

満月と人の精神活動は関係が深いようです。

 

”太陽光や月光から隔離された実験室の中ですら、太陽の1日のリズム(24時間)、

 月の1日のリズム(24,8時間)、月の合衝リズム(29,5時間)、さらに1年

 のリズムまでもが人にはみられるのである。”

月の合衝リズムとは新月から満月までの期間。

このリズムは女性生理の平均周期が29.5日と一致しているといわれています。

 

”タラハシーのエドソン・アンドリュース博士は、扁桃腺やアデノイドの手術を

 新月や満月ごろに行うと、出血過多の事故が非常に多いことに気づいた。

 アンドリュース博士は病院のスタッフから満月には出血が多いと聞いており、

 これを調べてみたのである。”

このあと、1000件以上のケースを調べたら満月と新月には出血が多かったそうです。

これは血液量が多いのか、出血が止まりにくいのかはわかりませんが、何らかの形で血液には影響を与えているとはいえると思います。

 

ちょっと長くなったのでここまで。(苦笑)

”月の魔力”には他にも様々な例が記載されています。

東洋医学の立場でなくても、月と身体関係が深いこと報告されているようです。

 

次回は、東洋医学の立場からご紹介します。

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。