月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

月と身体の関係 その3 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.07.28 月と身体の関係 その3

ここまでの話。

月と身体の関係 その1

月と身体の関係 その2

 

今回も『黄帝内経』の中から紹介します。

黄帝内経・素問「繆刺論篇第(63)」

”…以月死生爲數.

 月生一日一痏.二日二痏.十五日十五痏.十六日十四痏”

 

意訳すると…

”鍼を刺す数は、月の生死(満ち欠け)によります。

  月が生まれて1日目は1本、2日目は2本、15日目は15本、16日目は14本” by佐藤意訳

 

繆刺論(びゅうしろん)とは刺絡(しらく)という出血をさせる治療法について記載されています。

痏(い)とは傷という意味があり、出血させるために傷をつけたようです。

また、その傷の数は15日の満月を境目に数が減っています。

これは月の満ち欠けが気血に影響しているからだと考えられます。

 

「月をみてこの数通りに治療をしなさい!」

という意味より、

「気血の盛衰に注意して刺絡をするべきだ。

 その1つの物差しに月の満ち欠けがあるよ」

という意味だと私は思います。

このように血を失う治療法をする時に、月の満ち欠けを重要としていたわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。