月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

月照僧 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.04.11 月照僧

今日は昨日お話しした”月照僧”(げっしょうそう)のご紹介。

 

お顔はこんな感じ。

 (聡明そうな顔してるなぁ)

 1813年に町医者の長男として産れます。

 15歳の時清水寺成就院に入り、7年後の22歳に住職になりました。

 

当時の清水寺成就院は薩摩藩と関係が深く、そこで西郷隆盛との関係を深めていきます。

西郷は月照僧に朝廷から幕政改革を呼びかける「水戸密勅」を打ち明ける程の仲になっていたのです。

その密勅が井伊直助の情報網に引っ掛かり、関係者が捕まります。

これが「安政の大獄(あんせいのたいごく)」の始まりです。

 

京に居れなくなった西郷と月照僧は薩摩に逃げるのですが、月照僧には入国の許可がでません。

西郷が懇願する中、月照僧はなんとか薩摩に入国。

それを知った薩摩藩は西郷に月照僧を殺すように命じます。

そんなことができない西郷は、月照僧と共に日向(現宮崎)に向け船をだしました。

その途中、西郷と月照僧は身を重ね海へと身を投げるのです。

その後、懸命の捜索で2人とも発見されますが、西郷は生き残り月照僧は亡くなりました。

 

そんな月照僧は出家する際にこのような言葉を残しています。

「男子、志を立てて郷関を出ず、学もし成らずんば死すとも帰らず、

 骨を埋ずむるに、あにただ墳墓の地のみならんや。人間いたるところ青山あり」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。