月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

東洋医学のため息 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.04.28 東洋医学のため息

東洋医学のため息について。

 

人間の身体は常に呼吸をしています。

ほぼ無意識的に一定のリズムで絶え間なく行われています。

 

西洋医学では肺が大気中の酸素を取り込み、二酸化炭素を排出します。

東洋医学では‘肺の臓’が天空の清気を取り込み、体内の濁気を排出します。

 

同じようにみえて少し違う。

東洋医学の呼吸は‘肺の臓’のみで行うのではなく、‘臍下丹田’(せいかたんでん)まで吸い込む。

‘臍下丹田’とは臍の下のこと。

お腹の奥深くまで吸い込んで、身体中のいらなくなった物(濁気)を排出。

 

このようにして身体の余分なものをだしています。

‘肺の臓’のみで行っている浅い呼吸では、余分なモノを出し切れない。

ため息は溜まりすぎた余計なモノ、余計な考えをだしている身体のサイン。

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。