月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

桜のイメージ その2 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.03.10 桜のイメージ その2

ここまでの話。

桜のイメージ

 

桜のイメージを新渡戸稲造(にとべいなぞう)がこんな風に書いています。

”私たちは、ヨーロッパ人とバラの花を

 愛でる心情を分かち合うことはできない…”

”私たちに日本の花、すなわちサクラは

 その美しい粧いの下に、棘や毒を隠し持っていない”

”自然のおもむくままに、

 いつでもその生命を捨てる用意がある”

『武士道』新渡戸稲造著 引用

 

桜を日本人の美的感覚に訴える花として、

西洋人の愛されるバラと比較しています。

 

桜はバラ科。

同じバラ科での比較としてわかりやすい表現です。

これは桜のイメージとして共感できるものだと思います。

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。