月晶院 げっしょういん

スマートフォンメニュー

漢方を飲むなら”体質”を考えて飲みましょう 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2017.05.31 漢方を飲むなら”体質”を考えて飲みましょう

東洋医学は、症状と同じぐらい”体質”を大切に考えて治療を進めていきます。

鍼灸治療でもそうですが、漢方も同じです。

 

『傷寒雑病論』という漢方の聖典と呼ばれている本が東洋医学にはあります。

この本は”風邪”についての本で100種類以上の漢方薬の処方が載っています。

100種類の”風邪”の原因があると考えて、漢方薬が変わるのではありません。

”風邪”という、外から襲ってくる邪に対してそれを受ける側(人)の問題。

つまり、受ける側がどのような状態かによって100種類以上の漢方薬を使い分けて対処していたのです。

 

つまり、”体質”を考えて治療を進めていたわけです。

 

このように”体質”を考えて処方する漢方薬を、症状のみ考えて服用するとどうなるか。

全く効果がなかったり、体調が悪くなることも考えられます。

そういう知識のもと、漢方薬を飲んでいただけたらと思います。

 

 

 

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。