月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

病気と薬 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.11.15 病気と薬

こんな記事を見ました。

 

パーキンソン病をいかに早くみつけるか。

 

西洋医学は病名に対して治療を行います。

ですから、病名がわからないと治療の方法・薬が決まらないわけです。

病名を決めるのは各種の検査結果。

ですから、結果に異常がなければ体調に異常があっても病気にはならない。

 

患者さんがどこに当てはまるかを決める。

患者さんがどこに属するかを分けていく。

 

分ける為に、どんどん新しい病気が出来ていく。

当てはめる為に、新しい検査が出来ていく。

 

では、東洋医学はどうなのか。

まず、症状と身体に表れている訴えを繋ぎ合わせる。

 その結果、どこにアンバランスがあるか見つける。

 

症状がある=アンバランスがある

 

だから、必ずそれを正す方法がある。

”わける・当てはまる”という考え方が”当てはまらない”

 

これが西洋医学と東洋医学の考え方の違い。

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。