月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

立冬 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.11.07 立冬

今日から立冬(りっとう)。

暦の上では冬の始まりです。

 

立冬

 

身体は自然界の影響を常に受けています。

ですから、冬が始まると身体を温かく保つ働きが活発になります。

それは身体を温める”陽気”を身体の深いところに保とうとする。

こんな時に過度に身体を温めすぎることは逆効果になります。

ですから、サウナや厚着のしすぎで過度に汗をかくことはお勧めできません。

(もちろん人それぞれ、個々の体質に合わせることが重要です)

 

江戸時代の育児書である「小児必用養育草」

この本の著者は「養生訓」で有名な貝原益軒(かいばらえきけん)の弟子、香月牛山(かつきぎゅうざん)のもの。

子供の衣類について面白い記載があります。

 

”小児の衣類に絹を用いてはならない。小児は純陽で陽気が盛んであるから、絹は非常に温かく着せて熱を包んではならない”

 

可愛がりすぎて温かくしすぎることが、よくないっと言っています。

東洋医学、鍼灸の考えでは身体を守るのは衛気(えき)といって陽気がたっぷり含まれるもの。

過度に温めて汗が出ていく状態では、陽気が身体から逃げてしまいます。

風邪をひかないようにしているようで、かえって風邪になりやすい状態を作っている。

 

昔の人の知恵を借りて賢く生活しましょう♪

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。