月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

腹診について その2 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2014.12.06 腹診について その2

ここまでの話。

腹診について

今日は西洋医学の腹診は何を診ているか…です。

 

まず、姿勢。

仰向け(あおむけ)の状態で、膝を立てるように曲げる。

この姿勢は、お腹の緊張をなくし内臓を触りやすくする。

 

次に、打診。

お腹を叩くことによって、ガスのたまり具合や腹水の有無診る。

 

最後に、触診。

実際にお腹を触っていきます。

お腹の緊張や内臓の大きさ・硬さを探ります。

その中で圧迫した時の痛み・圧迫を離した時の痛み、

などを診察していきます。

 

要約しましたが、このような診察をしています。

西洋医学の腹診では、お腹の中にある臓器の状態を観察する目的で行います。

ですから、現在ではMRIやCTスキャンがあるので腹診をする機会が減ったといえます。

 

外から観察するより、実際見たほうがわかりやすいぢゃん!

 

そんなノリです。笑

 次回は東洋医学の腹診について。

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。