月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

菖蒲湯がもっと評価されるべき理由 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.05.04 菖蒲湯がもっと評価されるべき理由

明日は”こどもの日”です。

こどもの日には”菖蒲湯(しょうぶゆ)”に入る風習があります。

風習には古人の知恵が詰まっています。

 

まず、”菖蒲”は漢方に使われています。

効能を簡単に説明すると、

 

「身体の君主・王様である心の臓を守りつつ、余分な水分が溜まらないよう胃腸の状態を整える」

 

このような効能です。

この時期に”菖蒲湯”は実に理にかなっているのです。

 

これから気候は梅雨に向かっていきます。

自然界の湿気が増すと、身体の湿気も増す。

これは東洋医学の根幹である”天人合一思想”です。

天人合一 天人合一②

 

それを予防するために”菖蒲湯”に入る。

”菖蒲湯”の風習は奈良平安時代に伝わってきたいわれています。

今から約1300年前。

伝統的な風習と伝統的な東洋・鍼灸医学。

いい伝統は残ってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。