月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

読書の秋 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.09.19 読書の秋

もうすっかり季節は秋。

秋といえば、”〇〇の秋”といいますが、何が思い浮かびますか?

様々な言葉が当てはまり、それぞれ由来がありますが…

 

”読書の秋”の由来について簡単に説明します。

 

この”読書の秋”はどこから来たかというと、父親が息子に宛てた手紙からきています。

その父親中国、唐代の文人は韓愈(かんゆ)。

 韩愈

 (口髭と長い揉み上げが特徴的です)

「灯火(とうか)親しむべし」

(秋は夜は涼しく長いから灯火の下での読書に適している)

 

韓愈は幼いころに父と兄を亡くし、科挙(かきょ:当時の国家公務員試験)に3度落ちた苦労者。

そんな経験があり、息子に「勉強しろ!」と言いたかったのでしょう。

 

韓愈の思いを感じつつ”読書の秋”楽しみます。

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。