月晶院 げっしょういん

スマートフォンメニュー

身体の水の流れと脾の特徴 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.04.05 身体の水の流れと脾の特徴

水の流れと関係がある”脾”

詳しくはこちらに書いてあります。

ですから”脾”に弱りがあると”水邪・湿邪”が生成され直接的なむくみなどの症状がでてきます。

直接的な”水”の症状意外にこのような症状が起きてきます。

 

・下痢、小便の減少などの水の吸収の弱り

・食欲低下、お腹の張りなどの食べ物の消化の弱り

・疲労感、無力感など食べ物の消化、吸収の弱り

・雨の日、梅雨時期に体がダルいなど水の吸収の弱り

 

大きく分けてこの4つ。

この辺りの問診を丁寧にやっていくことで”脾”の弱りが見えてくると思います。

上記の症状も純粋に”脾”の弱りのみで起こるわけではないので、絞り込むにはもう少し工夫が必要。

 

自分で脾が弱ってると思った方にオススメの養生法!

それは”手足を使った運動”です。

”脾”は東洋医学では手足と関係が深いとされています。

ですので、手足を使った運動で”脾”を活発にさせましょう!

 

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。