月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

身体の水の流れと腎の特徴 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.04.08 身体の水の流れと腎の特徴

身体の水の流れと腎の特徴。

こちらにも書いてあります。

 

以前お話したように”腎”は尿の生成と排出に関与しています。

ですから、腎が弱ると身体の水を上手く出すことが出来ずに”水邪・湿邪”が溜まるわけです。

腎が弱ると他にこのような症状がでてきます。

 

・髪がうすくなる、乾燥し艶がなくなる。

・歯が弱く、もろくなる

・呼吸が浅くなる、動くと呼吸が苦しくなる

・便秘、下痢になる

 

他にもありますが、わかりやすい所でこの4つを上げました。

”腎の弱り”を簡単に・わかりやすく説明すると年をとると目立ってくる症状。

 

年をとると髪がうすくなったり、白髪が増えたり。

歯が抜けて入れ歯が必要になったりしてきますよね。

ですから、精力の減退や耳の異常なども出てきます。

 

呼吸や排便については”腎”の封臓(ふうぞう)作用が関係してきます。

封臓とは”しまいこむ”働き。

呼吸は東洋医学でも”肺”が行っていますが、深く吸うことは”腎の働き”と考えます。

”肺”が吸った空気を深くまで”しまう”わけですね。

 

排便についても同様。

これは排尿も同じですが、便・尿が漏れないように”しまう”わけです。

ですから、腎が弱くなると呼吸や排便の異常が起こるわけです。

 

”腎”が弱ってる人のオススメ養生法!!

バランスのいい食生活と足腰を鍛える。

 

腎の力は生まれつきの力といい換えれます。

正しい、バランスのいい食事で生まれつきの力を消耗しにくくします。

また、年をとると足腰が弱くなるといいますよね?

これは”腎”の弱りがでていると考えられます。

『腎の弱り→足腰の弱り』としてでているわけです。

ですから、『足腰の健康→腎の健康』と考えて”腎”の健康を保つ。

ぜひお試しを。

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。