月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

食事の仕方。よく噛んで食べるということ。 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2017.06.28 食事の仕方。よく噛んで食べるということ。

以前、この時期に体調を崩すは余分な水が関係することがある。

そんなお話をしました。

梅雨と身体の変化

 

東洋医学で”余計な水”が増える大きな要素に飲食が関係します。

胃腸の働きやキャパを超えた量の飲食をすると”余分な水”が増します。

また、”余分な水”になりやすい食べ物もあります。

もち米で出来ている、お餅やおせんべい、脂っこいもの、甘いものは胃腸の働きを塞ぎ機能を低下させます。

このようなものを良く食べていると、”余分な水”が形成されやすくなります。

 

ここで、胃腸の働きというと私たちは”胃腸”と考えてしまいますが、消化の始まりは”胃”ではありません。

本当は”咀嚼”から始まっています。

よく噛むことで粉々になった飲食物は胃の消化を助けるのです。

このように考えると、麺類はあまりかまなくても飲み込んでしまう。

そうなると麺類も”余分な水分”を作る食べ物になります。

 

この時期に体調を崩しやすい人には食べ物の量、食べるものを気を付けることで”余分な水”ができにくくなり、体調を崩しにくくなっていきます。

 

胃腸が調子がイマイチと感じる方は、よく嚙んで食べることはしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。