月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

中秋の名月 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2020.10.01 中秋の名月

今日は十五夜、中秋の名月です!

月晶院なので、さすがにこの日はブログを更新しないわけにはいきません。笑

 

昨日月を見たかたはわかると思いますが、今年の十五夜は満月です。

今夜も綺麗な月が見れるかと楽しみにしています。

……とこんな風に普通に月を見れなかった時代が全世界的にあったそうです。

 

とある民族では、『月が女性を妊娠させる』と信じられたり、アイスランドでは妊婦が月に顏を向けて座ると子供が精神障害(ルーナティック)になるといわれていたそうです。

この精神障害(ルーナティック)には語源には、ラテン語で月のことを『ルナ』というが英語では狂気とか精神病の意味に転じていきました。

また、古代ギリシャでは月を意味する『セレネ』は展開してセレニアコスという精神に異常をきたした人という意味になったそうです。

満月を見て狼男になる…西洋文化では『月』は不気味な意味があったのかもしれませんね!

 

『見るな!!!』と言われてしまうと見たくなってしまうのは私だけでしょうか。笑

忙しい日々だと思いますが、今夜は見てはいけないものを見るような好奇心を抱えながら空を見上げてみてください。(^^)

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。