婦人科系の症状 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

婦人科系の症状

東洋医学的見解

生理痛や子宮筋腫などの痛みなどは東洋医学では子宮の気の巡りが悪くなるため血の巡りが悪くなり痛みや筋腫が形成されると考えます。原因としてはストレスや冷えの他に睡眠不足、飲食の不摂生などがあります。また不妊症の多くの方は、肩コリ・頭痛や腰痛など上半身と下半身のアンバランスを起こしてる方が多くみられます。
卵子やホルモンなど部分の状態を考えるのではなく、全身を状態を整える中で、部分の環境も整ってくるのです。上下のアンバランスを改善する中で自然に妊娠ができると考えます。妊婦のつわりや逆子などにも鍼灸治療は有効です。細心の注意を払い治療に当たりますので、是非ご相談ください。

患者さまの声

患者様の声をもっと見る

その他、以下の症状にお悩みの方

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。