関節の痛み(リウマチ等) 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

関節の痛み(リウマチ等)

動く時には必ずどこかの関節が働き、必ずどこかの関節に負担がかかっています。
若い時はしなやかに動き、加齢と共にしなやかさを失い硬くなったり、骨が変形をすると痛みが出現します。
痛くなるとシップや塗り薬、痛み止めやヒアルロン酸注射…etc
リウマチの場合はステロイドの薬を服用することで痛みをコントロールしようとします。
これらでよくならないと手術をするしか西洋医学では治療法がありません。
対症療法でお茶を濁すのみになってしまいます。
鍼灸治療では東洋医学的に身体を診て今までとは異なる治療方針を提示することができます。
諦めたり、手術の前に一度鍼灸治療を試すことをおススメします。

東洋医学的見解

同じ年齢、同じぐらいの体重なのに痛みが出る人と出ない人がいる。
それは、関節の痛みに身体の中の状況が大きく関与すると考えるからです。
東洋医学では関節局所の状態のみを診て判断はしません。
たとえ年齢を重ねたとしても、身体の中が整っていれば症状はでないと考えているからです。
また、天気や気圧によって症状が悪化する方がいます。
これには、”外邪”という考えによって症状が悪化すると2000年以上前から説いています。
鍼灸治療を通して、身体の中の状況を調え、”外邪”を取り除くことで関節の痛みに対応できます。

患者さまの声

患者様の声をもっと見る

その他、以下の症状にお悩みの方

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。