月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

湿気と身体の不調 その3 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.06.09 湿気と身体の不調 その3

鍼灸治療で湿気を追い出す!

 

自然界の湿気が増える梅雨に、身体に余分な水・湿気があると症状がでてしまう。

ですから、身体には余分な 水・湿気を溜めないことが重要。

東洋医学でいう「水になるもの」は口にする飲食物すべてで、特に水分・脂っこいもの、甘いものに注意が必要。

摂取に気を付けることはもちろんですが、

鍼灸治療をするにあたってのポイントは「胃腸の調子・排泄機構の整備・余分な熱」になります。

 

1)胃腸の調子を整える

その1でお話ししましたが、胃腸は”土”の特性があります。

胃腸の機能低下は、例えるなら土の量が少ない状態。

土の量が少なければ、少しの水で水浸しになってしまいます。

胃腸も同じ。

機能が低下していると、水をさばききれず更に胃腸の機能を低下させる。

そうなると悪循環で、余分な水や湿気がどんどん溜まっていきます。

 

胃腸を整える経穴(ツボ)として…

足三里・陰陵泉・豊隆・公孫などが考えられます。

 

2)排泄機構の整備

身体から余分なものを出すには、発汗・排便・排尿の3つ。

このうちどこかの機構が破たんしていると、身体に余分な水や湿気が溜まっていきます。

排出が出来ていても、残便感や残尿感が伴うようではいけません。

これらの機構は非常に複雑な関係の下成り立っています。

ですので、治療効果が期待できる経穴(ツボ)を上げることは控えます。

 

3)余分な熱をとる。

余分な水・湿気が生まれる背景に、余分な熱の存在がある場合があります。

例えるなら火事現場。

火事があると消防車がきて消火活動のために水を撒く。

余分な熱があると、それを消すために水が必要になる。

過剰に水分を欲しがったり、過剰に食べたりしてしまうのです。

ですから、一見関係ないようですが余分な熱を排出するのも必要です。

 

熱を清す経穴として…

後渓・行間、内庭・神道などが考えられます。

 

1)2)3)は個人1人に重複的に存在し、余分な水・湿気を形成すること多いです。

ですから、簡単に改善するものではありません。

また、どのパターンに当てはまるかは専門家による問診や体表観察が必須。

お困りの方は専門家に相談してください。

当院への問い合わせもお気軽にどうぞ。

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。