月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

脱花粉症その2 西洋医学の花粉症治療 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.02.14 脱花粉症その2 西洋医学の花粉症治療

脱・花粉症  東洋医学・西洋医学のアプローチ その2

西洋医学で撃退!

注射で戦う!

注射には数種類ありますが、ここでは大きく分けて2種類のものをご紹介。

ステロイド系

1シーズン1回の注射であらゆるアレルギー反応を抑えます。

即効性もあり、翌日にはほとんど症状を抑えます。

ですが、副作用が強く日本耳鼻咽喉科学会などではおすすめしていません。

効果が強力な分副作用が強いようです。

生理が止まる、免疫の低下、精神の変調、胃潰瘍、肥満などの副作用があります。

 

アレルギー物質注射

少ない量のアレルギー物質を注入し、ゆっくり免疫力を高めていく方法。

即効性はなく長期間の計画で行う必要があります。

ほぼ副作用が出ることがなく、西洋医学の花粉症治療で根本治療はこれのみ。

 

薬で戦う!

抗ヒスタミン(第一世代)

くしゃみ、鼻水、目のかゆみには効果が高く、鼻づまりにはほとんど効果がありません。

抗アレルギー剤に比べて明らかな効果を期待できます。

ですが、眠気や口の乾きなど強い副作用がでることがあります。

 

抗アレルギー(第二世代)

抗ヒスタミン剤では効果が低かった鼻づまりにも効果があり、従来の薬と比べて副作用も少ない。

ですが、即効性がなくその分長時間効くのが特徴です。

 

その3につづく

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。