月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

サリドマイド事件 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2015.08.05 サリドマイド事件

”サリドマイド事件”

これは約50年前に起きた薬害事件です。

 

ヨーロッパで1957年に睡眠薬として発売されたサリドマイド剤。

この薬は依存性の低い睡眠薬として脚光をあびていました。

その後、服用した妊婦に重度の四肢欠損のある奇形児が産れ調査。

4年後の1961年11月に発売が中止されました。

 

日本では、1958年に睡眠薬と神経性胃炎の薬として発売。

当初、妊婦にも安全とされていて悪阻(つわり)の治療薬として用いられていました。

日本での発売中止は1962年9月に発売中止。

10ヶ月遅れた理由は、国と製薬会社が因果関係を認めなかったからでした。

 

この薬の影響で奇形児として産れた新生児は約300人とされています。

 

現在、日本では認可されていませんが、

サリドマイドはハンセン病やベーチェット病に対して有効とされています。

 

薬は正しく使えば、いい物。

が、誤った使い方をすれば恐ろしい結果があるかもしれません。

その”正しい・誤り”を決めている国や製薬会社が間違えることもある。

 

それを踏まえてどのように生活するのか。

病気・症状とどう向き合うのか。

よく考える必要がある…と私は思います。

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。