月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

三清浄(さんのすまし) その2 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2016.08.24 三清浄(さんのすまし) その2

前回の話。

三清浄(さんのすまし)

 

前回は図が出たところで終わりました。

「三清浄」の画像検索結果

この図は『心』を意味している。

そして、真ん中にあるのが三日月。

黒い点が雲を意味するそうです。

(雲のことを”三毒”といい、悪いものとしています)

 

月が雲に覆われる。

そうすると月本来の輝きが発揮されません。

そんな状態だといい鍼、いい治療ができないと『鍼道秘訣集』は教えてくれています。

北辰会代表の藤本蓮風代表は、”本来的自我”が発揮できないと解説しています。

”本来的自我”って何?ってなりますが、簡単に説明すると、「産まれ持った感覚」と言えます。

 

”盗人が井戸に落ちかけた子供を見て、我を忘れて助ける。

 なんとか楽になってほしいという一念で我を忘れて治療する”

そのような人に教えられたわけでもないのに備わっている感覚。

それを”本来的自我”といい。それを月としています。

 

では、月が輝くために雲(三毒)がなければいいのか?

というと……それは違います。

雲がないと『心』にならないからです。

 

『心』は美しい月とそれを見えにくくする雲とで出来ている。

切っても切れない関係。

なくすことは出来ないってことです。

 

では、”三毒”って何?ってなります。

これを知り、理解出来たら少しはコントロールできる(ハズ)。

続きはまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。