月晶院 げっしょういん 東京都武蔵野市吉祥寺の鍼灸院

スマートフォンメニュー

夏至と新月 東京都武蔵野市吉祥寺 鍼灸院 月晶院
午前10時から午後14時・午後15時から20時まで開院(祝・土は17時まで)

2017.06.27 夏至と新月

先日の勉強会で少し盛り上がった話。

 

東洋医学では自然界の変化が身体に影響を与えると考えます。

気温、湿度や天気、季節、風の向きなど自然界の様々な変化の影響を受けています。

その自然界の変化の1つに二十四節気と月の満ち欠けがあります。

 

二十四節気とは、一年を24等分し、季節を表す名称を付けたもの。

現代社会ではあまり意識しないかもしれませんが、驚くほど現実を一致します。

先日の21日がちょうど夏至(げし)に当たる日。

夏至とは字のごとく、夏に至る日。もう夏ってことです。

 

夏の説明をするのも変ですが、暑く、汗をかき、水分が減って熱中症などが心配される季節。

個人差はあると思いますが、頭や背中など、特に上半身に汗をかきやすい方が多いのではないでしょうか。

暑くなり、身体の熱が増す。身体が陽に傾く。

暑くなり、汗として水を失う。身体の陰が減る。

そう考えるわけです。

 

そして、もう1つの新月について。

先日の24日が新月でした。

これは満月の逆で、月が欠けていきなくなる時を”新月”といいます。

東洋思想では太陽を陽、月を陰と考え、新月の時は”身体の中の陰が少なくなっている”と考えます。

 

夏至で、身体が陽に傾き。

新月で、身体の陰が減る。

これを言い換えると、バランスが崩れやすい時期と言えます。

 

え?そんなことで身体が変わるの?

と思うかもしれませんが、変わっているんです。

私も、先週末に診させていただいた方で、普段あまりしない経穴に鍼をした人が多かったです。

 

先週から、今週にかけて体調を崩した方。

それは夏至と新月の影響かもしれませんよ。

そんな方はぜひ鍼灸治療を受けて頂きたいです。

 

 

 

往診について

当院では往診もご対応しております。往診の場合は、ご対応可能地域がございますので、 お電話にてお問い合わせください。