柏院予約 吉祥寺院予約

感情が体に与える影響…それでもまだ、毒を飲み続けますか?

2017.05.03

何か嫌なことがあった時、怒ったり、悲しんだり感情が現れます。

では、その感情はいつまで続くのでしょうか。

凄い怒る人のイラスト(女性)とぼとぼ歩いている人のイラスト(女性)

 

 

嫌なことが起こった時だけ?

その日の夜寝て起きるまで?

感情を爆発させて、バクバク食べるまで?

運動をしてスッキリするまで?

 

その出来事や感情を忘れるまで。私は思います。

頭の中にあるうちは、またその時の感情が蘇る…そういうものだと思っています。

 

そうかな?っと思う人。

今ここに、レモンや梅干しがあると想像してください。

梅干しのイラストスライスされたレモンのイラスト

 

どうですか?

思い出すだけで、酸っぱい感情が湧き、唾液がでましたか?

このように、頭の中にあるだけで体は反応してしまうのです。

嫌なことが頭の中にあると、その時の感情はずーーっと残り、体は反応してしまうのです。

 

お釈迦様はこんなことを言っています。

”怒りに固執することは、毒を飲みながら、他人の死を願うようなものだ”

 

そういわれても…といった声が聞こえてきそうですが(笑)

まだ、毒を飲み続けますか?