柏院予約 吉祥寺院予約

初心忘れるべからず

2014.11.16

今日は本のお話。

世阿弥(ぜあみ)が書いた「風姿花伝」(ふうしかでん)をご紹介します。
この「風姿花伝」は能の理論書と呼ばれていて、世阿弥が21種書いた伝書の最初の作品。
この書の基は、世阿弥の父にあたる観阿弥(かんあみ)の教えまとめたものです。
内容は演技のことだけでなく、修行法や心得など多岐にわたります。
特に印象的だったのは「芸の花」について独特の言い回しで説明をしています。
伝統を継承するために書かれたものなので、鍼灸を学ぶ上でも参考になるし、子供の教育や生き方の参考にもなります。

 

またこの書は皆さん馴染みがある、

「初心忘れるべからず」

の出典とされています。

 

人生訓たっぷりの本。

おすすめです。