柏院予約 吉祥寺院予約

12月4日は...

2014.12.04

今日は破傷風血清療法の日。

 

破傷風…。

 

なんだそれっ?って感じだと思います。

現代日本ではほとんど聞かない病気ですが、

約65年前の日本では年間1500人以上が亡くなる病気。

現代でも途上国では新生児の死亡原因の上位です。

 

この恐ろしい病気の予防接種を作る第一歩となる細菌の培養。

北里柴三郎(きたざとしばさぶろう)先生とエミール(ドイツの医師)先生が

1890年12月4日に成功させました。

昔の医者といえば、野口秀雄先生!って感じで、

北里柴三郎先生は知らない方も多いと思います。

どんな方かは…こちらへ。

 

西洋医学の細菌に対する効果は素晴らしいですね。

得意分野です。

当時の人たちは、

 

西洋医学すごい。東洋医学ふるい。

 

となったでしょう。苦笑

私はそれぞれの医学に得意分野と不得意分野がある。

そー考えています。

 

どちらも素晴らしい医学。

 

 

 

北里柴三郎先生が破傷風の血清療法を発見しました。